箱の路地裏

ゲームメディアが取り上げないマイナーで個人的に気になった事を中心に書いています。

XBOX Series Xのコントローラーを交換してもらった

XBOX Series Xに同梱していたコントローラーを使用していたのですが、どうも接続周りが不安定でした。

本体とのペアリングに時間が掛かったり、そもそもペアリング自体できずタイムアウトしたり…

ペアリングに成功しても、コントローラーの椎茸長押しでコントローラーは起動しても、本体側との通信が確立せず本体が起動できない事象が頻発していました。

これは初期不良では?と疑い、サポートに連絡し交換という形になりました。

サポートに連絡

マイクロソフトのオンラインサポート窓口に連絡をして、交換依頼を行いました。 初期不良と疑わしい症状を記載してサポートの連絡待ちになるのですが、5分ほどで代替品に交換という返事を受けました。 保証期間だから無条件で交換なのかな?と思いつつ、不良品のコントローラーを郵送で送りました。

サポートに不良品が到着

到着して2時間ほどで代替品を発送しましたと連絡が来ました。コントローラーの具合とか絶対見てないだろうなwと思いつつ、代替品が到着するのを待ちました。

代替品が到着

まず最初に本体とのペアリングですが、普通に出来ました。

コントローラーのアップデートが必要と出て、USBケーブルを繋いでアプデしました。

代替品は通信が不安定ということはなく、安定した通信できています。

このスピード感だと何故か現場猫がチラつくんですよね…

ワイ「何か繋がらんし、初期不良って事でサポートにぶん投げちまえ」

サポート1「何か初期不良の症状を色々書いてるけど、保証期間だし交換すりゃええやろ。別に読まなくてヨシ!」

サポート2「コントローラー届いたけど、前のサポートの人がちゃんと対応してるやろうし、見てないけど不良品でおk。代替品発送してヨシ!」

ワイ「ちゃんと繋がってる。ヨシ!」